我門家は夜は眠りを断ち、昼は暇を止めて之れを案ぜよ。一生空しく過して万歳悔ゆること勿れ

(このコラムは、平成30年元旦に届いた住職からのお葉書を掲載しました。)

「我門家(わがもんけ)は夜は眠りを断ち、昼は暇(いとま)を止めて之れを案ぜよ。一生空(むな)しく過して万歳悔(ばんざいく)ゆること勿(なか)れ。」
                   『日蓮大聖人 富木殿御書より』




 右の御文は、日蓮大聖人様が檀越であった富木常忍へ宛てたお手紙の文末にお書きになられたお言葉です。
このお言葉をお書き残された文中の意図は、何が正しくて何がいけないのか。何をすべき事かを昼夜考えて行動を起こす事が大事であると教示されたお言葉です。御文章をそのまま読むと誤解を受けやすいお言葉ですが、決して一睡も寝ないで夜を過ごし、休憩もせずに昼間働き続けなさいという事ではありません。日々常に今なすべき事を考えて実行し、悔いを残さない人生を送りなさいとおっしゃっているのです。

 先月、総本山の身延山久遠寺へ弟子の雄翔に面会をしてきました。彼の手は日々の修行生活によって酷いあかぎれとなり血だらけでした。それを見てかつて自分も同じように十五才の時に総本山で修行をしていた昔、師匠とのとある思い出が蘇ってきました。短い冬のお休みを総本山から頂戴し、師匠の元へ帰省した時の事、、北海道の極寒のなか暖房をつけず、自分が米とぎを行っていた時に、師匠が「代われ」と言い「精進と言う言葉がなぜ、米に青いという字に進むと書くか知っているか?」と、凍てつく冷たい水に手を真っ赤に染めながら「日本酒が酒造される工程で、洗米し続けて究極の状態になった時、米が青白く光り輝く」と言うのです。要するに精進とは、自分を米に例え置き換えたように、無我夢中、懸命に努力を続けて垢を洗い流していけば必ず光り輝く事ができるのだから仏道精進に怠る事無く励むよう訓育を頂いた事がありました。

また今年も人生に一度しかない時間がスタートします。この一年を一日一日大事に過ごし、見つめるべき事を見つめ考えるべき事を考察し行なうべき事を行って悔いのないよう昼夜常精進を行なっていきたいと思います。今年の大晦日には3人(男性2人女性1人)の信者の方が十年間十回目の水行を達成しました。その精進の志と姿、体験は、以後の自身の人生に持っていく事ができる唯一の宝となり輝く事でしょう。

皆様の年中安泰無難をお祈りします。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

2018年01月01日