コラム一覧

蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり。身の財よりも心のたから第一なり

「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり。身の財より心の財(たから)第一なり。 此御文を御覧あらんよりは心の財(たから)をつませ給べし。」
                  日蓮大聖人のお言葉 『崇峻天皇御書』より

 行き付けの飲食店で隣席にご夫婦と思われる会話が耳に飛び込んできた。

「ろくに墓も維持できん家に大事な娘を嫁がせたって苦労するのが落ちだ。親を大事にしない家庭で育ったと言う事なんだぞ!未だ挨拶にだってきとらんじゃないか」

昨今、「墓離れ・墓じまい」と言う言葉が耳慣れしたかの様に思えるなか、「おや?」と聞き耳を立てずにいられなかった。以前、当山の檀家の人も同じ事を言っていた事を思い出した。数年前から話題になったようにも思える「墓じまい」は、実際は二十数年も前から極少数であったが特定の世帯で行われていた。墓と縁のない家に産まれ育ったという世代の子供が婚期を迎える時宜が来たのだ。
どうやら娘さんの事を心配した父親が率直に感じた事を口にしたのだろう。せめて墓を護ると言ってもらいたかったものだが、「維持」と言う言葉の中に経済的な生活力の心配を指している様にも感じた。
この父親の言う「苦労」と言う言葉を少し考えてみた。経済面に関して父親の気持ちもわからなくもないのだが、むしろ重要な事は精神面の方であろう。墓や仏壇は、手を合わせ向かい合うものであるが、これら『信仰は心の教養』を得ることが唯一できる尊い行為なのだ。そしてその教養を大きく膨らませるものとして大事なのが、お題目の教え法華経を知り実践していこうと言う事にある。「親を大事にしない家庭」と言った環境で子供を育てる事は、子供からも大事にされない子を育てることに因縁を結ぶ。親を大事にするものだと口で説き伏せて「強要」する事は、「教養」にはならないのだ。無言の姿を見せつつ、幼少期より一緒に行う事で自然と培う事ができる。

今や格差社会の表れ、良かれと思う流行の中にただただ押し流されるばかりで気が付かないうちに大事な心の宝を失い、更には貧富をハッキリと分けるバロメーター(基準)を作っていると言える。貧富と言うと財力たる経済的な事に注目しがちだが、心の貧しさ、心の富という精神の持ち方を表した貧富もある。少子高齢化、若者世代の晩婚化が更に進むなか、伴侶相手を定める望みに対して厳しくなるのもやむを得ないのだろうか・・・心の宝を養う事ができる尊く優れた信仰を大事にしたいものだ。

日蓮大聖人のお言葉を考えさせられる。本年もよろしくお願いします。

2017年01月01日

衆生の心汚がるれば土も汚れ、心清ければ土も清しとて浄土といい、穢土というも土に二つの隔てなし。ただ我らが心の善悪によると見えたり。

(このコラムは、平成26年元旦に住職が書かれたものを掲載しました。)


日蓮大聖人のお言葉
「衆生の心汚がるれば土も汚れ心清ければ土も清しとて浄土といい 穢土というも土に二つの隔てなし ただ我らが心の善悪による と見えたり 」 
                    『日蓮大聖人 一生成仏抄』より



昨年の流行語の中に「倍返し!」の言葉があった。流行語の元となった、かのドラマを見ていた人にはわかるかもしれないが、実に強いインパクトで「倍返しだぁ!」と怒るシーンがある。

もっぱら倍にして「仕返し」をするという意味に置き換えて使われたようだ。
そもそもこの言葉は怒りながら使う言葉ではないはずなのだが、如何せん言葉の表面だけを都合よく使われる事が嘆かわしく思う。

広辞苑によれば、受け取ったものに対して倍額に相当するものを返す事。祝儀には倍返し。不祝儀には半返しとある。いわゆる頂いた恩や義に対してそれ以上の感謝、御礼をする事に本来この言葉の使われ方があるのだが、ドラマの背景が 「仕返し」ではなく、「感謝」の本義で「倍返しでお礼をお持ちしましたのでどうぞご遠慮なく受け取ってください」と言うような内容で流行になってもらいたかったものだ。

そんな中、滝川クリステルさんの「おもてなし」は実に感銘を受けた。特筆すべきはやはりあの合掌の姿だ。「おもてなし」は心の振る舞いであるから、他者へ対して敬愛の念を、内なる心から表す為に、言葉以上に身を以て伝える事ができる唯一の姿、それが仏教が伝え教える合掌だからだ。

合掌はお釈迦様の姿。人として美しい心の姿と教えられている。
日蓮大聖人のお言葉を考えさせられる。
「倍返し」この言葉にも二つの隔てはなく、心の持ち方でまったく意味の異なる結果となるのだ。

心の内を清らかにしてくれるお題目と合掌の姿。
これ、いつするの?「今でしょう!」
そう言えば、NHKの朝ドラ『あまちゃん』に出演した、魚クン「ぎょぎょぎょ!」は惜しい!。『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」よりも先にアピールしていれば良かったのにね。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年10月06日

我門家は夜は眠りを断ち、昼は暇を止めて之れを案ぜよ。一生空しく過して万歳悔ゆること勿れ

(このコラムは、平成30年元旦に届いた住職からのお葉書を掲載しました。)

「我門家(わがもんけ)は夜は眠りを断ち、昼は暇(いとま)を止めて之れを案ぜよ。一生空(むな)しく過して万歳悔(ばんざいく)ゆること勿(なか)れ。」
                   『日蓮大聖人 富木殿御書より』




 右の御文は、日蓮大聖人様が檀越であった富木常忍へ宛てたお手紙の文末にお書きになられたお言葉です。
このお言葉をお書き残された文中の意図は、何が正しくて何がいけないのか。何をすべき事かを昼夜考えて行動を起こす事が大事であると教示されたお言葉です。御文章をそのまま読むと誤解を受けやすいお言葉ですが、決して一睡も寝ないで夜を過ごし、休憩もせずに昼間働き続けなさいという事ではありません。日々常に今なすべき事を考えて実行し、悔いを残さない人生を送りなさいとおっしゃっているのです。

 先月、総本山の身延山久遠寺へ弟子の雄翔に面会をしてきました。彼の手は日々の修行生活によって酷いあかぎれとなり血だらけでした。それを見てかつて自分も同じように十五才の時に総本山で修行をしていた昔、師匠とのとある思い出が蘇ってきました。短い冬のお休みを総本山から頂戴し、師匠の元へ帰省した時の事、、北海道の極寒のなか暖房をつけず、自分が米とぎを行っていた時に、師匠が「代われ」と言い「精進と言う言葉がなぜ、米に青いという字に進むと書くか知っているか?」と、凍てつく冷たい水に手を真っ赤に染めながら「日本酒が酒造される工程で、洗米し続けて究極の状態になった時、米が青白く光り輝く」と言うのです。要するに精進とは、自分を米に例え置き換えたように、無我夢中、懸命に努力を続けて垢を洗い流していけば必ず光り輝く事ができるのだから仏道精進に怠る事無く励むよう訓育を頂いた事がありました。

また今年も人生に一度しかない時間がスタートします。この一年を一日一日大事に過ごし、見つめるべき事を見つめ考えるべき事を考察し行なうべき事を行って悔いのないよう昼夜常精進を行なっていきたいと思います。今年の大晦日には3人(男性2人女性1人)の信者の方が十年間十回目の水行を達成しました。その精進の志と姿、体験は、以後の自身の人生に持っていく事ができる唯一の宝となり輝く事でしょう。

皆様の年中安泰無難をお祈りします。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

2018年01月01日